働き方改革公開日:2019年10月30日

東京都が業界別テレワーク活用ハンドブックを公開しました

10月25日より、東京都産業労働局が運営するTOKYOはたらくネットに、業界の特性に沿ったテレワーク活用法を紹介する、テレワーク業界別ハンドブック「TELEWORK活用ヒント」が掲載されています。
ハンドブックでは、導入企業の好事例をもとに、どんな社員がどんな業務をテレワークで行っているか、またテレワーク時の労務管理やセキュリティ管理をどのように行っているか、在宅勤務、モバイルワークなど様々な形態で紹介しています。

取り上げている業界は、次の3つです。

■金融・保険業
 →銀行・証券・損害保険
■医療・福祉業
 →医療法人、医科大学、介護事業者、病院、保育園
■サービス業
 →旅館、フードメーカー、CIOアウトソーシング業、会員制シェアリングリゾート運営、コールセンターのアウトソーシング業
同様のハンドブックは昨年も作成しており、次の3つの業界を取り上げています。
■建設業
■製造業
■卸売業・小売業

詳細は、下記リンク先にてご確認ください。

テレワーク業界別ハンドブック「TELEWORK活用ヒント」