働き方改革公開日:2019年4月6日

厚生労働省は70歳以上の厚生年金加入義務を検討しています

厚生労働省は、厚生年金の加入期間を延長し、勤務先で一定以上の収入がある場合は、70歳以上も厚生年金に加入し保険料の支払いを義務付ける検討に入りました。

6月を目途に加入期間を延長した場合の年金額の変化等を試算した結果を公表し、本格的な議論に入る予定です。
併せてパートタイム労働者等の適用拡大のさらなる拡大も検討を進めています。
2019年秋頃結論をまとめる見込みです。